公益財団法人 日本民謡協会 富山県連合委員会

MENU

活動レポート

HOME活動レポート

指導者資格認定試験

2022/10/02

 北陸地区の指導者資格認定試験が富山市八尾コミュニティーセンターにて行われました。

 31名の方が、民謡(唄)、民舞、三味線、太鼓、の種目に教授から助教師までの資格を受験されました。ちなみに今回は受験者がいませんでしたが、尺八、笛、唄囃子の種目もあります)

 本部からも榎本常務理事をはじめ、5名の先生方が来られ、試験の審査や進行をされました。富山県連合からも固定伴奏や受付等を担当しております。

 多くの先生の前で1人で実技をされている姿は、多かれ少なかれ皆さん緊張されていました。なかなか普段通りの力を発揮しにくい状況だとは思いますが、この経験も必ず今後の役に立つ時が来ると思います。

 合格されたあかつきには、民謡民舞の普及や伝承に、その資格を活かしてください。皆様、お疲れ様でした。

越中おわら節全国大会

2022/09/24

3年ぶりに開催された越中おわら節全国大会。北は北海道から、南は宮崎県まで、沢山の方が出場されました。一般の部、優勝は北陸秀城会の本田麻優美さんでした。こどもの部の優勝は北栄会の石崎藍琉さんでした。シニアの部は山口明子さん。入賞された方々も、おめでとうございました。

写真は大会の主催でもある北日本新聞さんの記事です。

麦屋節コンクール全国大会

2022/09/18

3年ぶりに開催された麦屋節コンクール全国大会。南砺市城端町の善徳寺特設会場にて、県内外の方が出場されました。一般の部の優勝は、佐藤松子流松博会の川西美穂さんでした。ジュニアの部は義正会の平野絢楓さんが優勝されました。入賞された皆さんも、おめでとうございました。

写真は大会の共催でもある富山新聞さんの記事です。

山中節全国コンクール

2022/09/04

石川県山中温泉文化会館にて3年ぶりに行われた山中節全国コンクール。富山県からも多くの方が出場されていました。子供の部で、義正会の平野絢楓さんが奨励賞を受賞されました。おめでとうございます。

令和4年度民謡民舞少年少女全国大会

2022/08/07

令和4年度民謡民舞少女全国大会が浅草公会堂で開催されました。3月に行った富山県連合大会にて決定した小学校低学年、高学年、中学生の各代表が 8/6、8/7の2日間に全国から一同に集い、その唄や踊りを披露しました。富山県からは中学生の部で出場した義正会、平野絢楓さんが11位入賞されました。おめでとうございます。

能登麦屋節全国大会

2022/05/29

石川県、輪島市文化会館にて行われた、能登麦屋節全国大会。
富山県連合委員会からもエントリーされた方々が、優秀な成績をおさめられました。

一般の部では今井千会さん(義正会)が優秀賞。平野知香さんが(義正会)努力賞。

シニアの部では、大村忠正さん(佐藤松子流松博会)が優秀賞。

少年・少女の部では平野絢楓さん(義正会)が最優秀賞。今井心美さん(義正会)が奨励賞を受賞されました。

一般の部の最優秀賞は、石川・福井連合委員会、杉山民謡会の西房亜美さんでした。

義正会からは4人が出場され、4人とも入賞されるという素晴らしい成績を残されたそうです。ようやくコロナ禍で自粛されていた全国大会の開催やエントリーも、少しづつ動き出して来ましたね。入賞された皆さん、おめでとうございました。

(写真は中日新聞さんのWeb新聞を拝借しております。)
 

砺波チューリップフェア「越中民謡の調べ」

2022/04/30

砺波市の春の祭典、砺波チューリップフェア。
4月29日(祝)は、砺波市民謡民舞協会による「越中民謡の調べ」として、砺波市の民謡、富山県の民謡を、全国からいらっしゃっているチューリップフェアのお客様方にお届けしています。

昨年は滅多にない雨天中止、一昨年はコロナでチューリップフェアが中止だったので、3年ぶりの「越中民謡の調べ」でした。久しぶりに、このステージから新年度の民謡の舞台が始まる感覚が思い出されました。くもり空に、冷たい強い風が吹いて、演者、お客様、ともに少しつらい屋外でしたが、新しくなったステージで楽しく演奏させて頂きました。

(公財)日本民謡協会富山県連合委員会からは、となみ昇栄会、義正会、神島会からも砺波市民謡同好会として参加しました。お越し頂いた皆様、ありがとうございました。

義正会 佐藤 松博太 記

佐藤松子流 松博会 弾初会

2022/04/29

佐藤松子流 松博会が、恒例の弾初会を開催しました。

もともとは2月に開催の予定だったのですが、新型コロナウィルスの第6波で延期。4月29日に徹底的なコロナ対策を行い、ようやく開催する事が出来ました。

会場が射水神社という事で、演奏の前に疫病退散と、今後の松博会の会員の健康を祈って、ご祈祷もして頂きました。

第25回津軽三味線全国コンクール

2022/04/03

先日、東京で行われた津軽三味線全国コンクールにて、高岡城峰会の椿俊太郎さんが準優勝されました。
本当におめでとうございます!
コメントを頂きましたので、掲載いたします。

-----------------------------------------------------------------------

高岡城峰会、津軽三味線奏者の椿俊太郎です。
2022年4月3日(日)に東京・浅草公会堂で開催されました『第25回 津軽三味線コンクール全国大会』にて準優勝をいただく事ができました。

この大会に挑戦し、4度目となります。一昨年は優秀賞をいただき、昨年は全く賞に入りませんでした。。。 「今年こそは必ず賞に入る!」と思い、練習に励みました。

当日はテープ審査を通過した77名の中から、前半、後半に分かれて予選を行い、選ばれた前半3名、後半3名で計6名で決勝戦を行います。 僕は前半だったのですが、前半終了後の休憩後に前半の結果が発表されます。その時はもう、ドキドキでした。結果発表で名前を呼ばられた時はとても嬉しかったです! 決勝戦前の舞台袖では足も震え、演奏中には手も震えた事が今でも鮮明に覚えています。 まかさとは思いましたが、準優勝をいただけて本当に嬉しいです!

準優勝をいただけたのは、何といっても応援してくださる地元富山の皆様、礒部城峰師匠、高岡城峰会の皆様のお陰だと思っています。 これからも、小さい頃から大好きな三味線を精一杯演奏し、応援してくださる皆様の感謝の気持ちを忘れずに、これからも精進して行きたいと思います。

最後になりましたが、この度お声掛けいただきました『富山県連合委員会』の先生方、皆様、ありがとうございました。 今後とも何卒、宜しくお願い致します。


椿俊太郎

令和3年度 民謡民舞 富山県連合大会 少年少女大会

2022/03/20

 令和3年度 民謡民舞 富山県連合大会 ならびに 民謡民舞 少年少女大会 を開催しました。
様々なコロナ対策を行っての大会となりましたが、皆様のご協力のもと、素晴らしい熱戦が繰り広げられ、見ごたえ、聞きごたえ十分な大会となりました。

 栄えある民謡の総合優勝は、成年部から江田さんが受賞されました。民舞優勝は呉羽会の越中おわらでした。本当におめでとうございます。その他の受賞者は、当HPの「大会結果」に掲載してありますのでご覧ください。

 江田さんより、メッセージを頂きましたので掲載いたします。

----------------------------------------------------------------------------------------------

 北栄会 江田留莉です。令和4年3月20日(日)に開催されました、民謡民舞富山県連合大会にて、総合優勝を頂くことができました。

 曲目は「福光めでた」で出場し、地元南砺市の民謡で受賞でき大変うれしく思っています。 福光めでたは福光地域の祝い唄として長く唄い継がれている郷土民謡で、上品で趣きのある独特の節回しが特徴です。「福光めでたコンクール」に出場し唄ったことがきっかけでだんだん好きになり、奥深い節回しや唄の雰囲気に興味を持つようになりました。それから15年この唄を唄い続け、大好きな福光めでたでこんなに素晴らしい賞を頂けて本当に嬉しいです。

 私事ですが今年の初めに出産し、この大会に出場することに迷いもありましたが、出場することができたのも、家族の協力があってからこそでした。練習する為に、寝かしつけをしてくれたり、大会中もずっと抱っこをしてくれたりと本当に感謝でいっぱいです。そして、なかなか練習に行けなくても、いつも温かく見守ってくれる北栄会会主 北本希一先生、北栄会のみなさんにもとても感謝しています。

 これからは、地元の民謡はもちろん、最近は石川県の山中節や青森県の津軽あいや節など、県外の民謡にも取り組みたいなと思っています。 そして、楽しく、自分らしい唄で民謡を続けていき、私の唄を聴いていいなと思ってもらえるように頑張ります。

先頭 前へ 1 2 3 4 次へ 最後