公益財団法人 日本民謡協会 富山県連合委員会

MENU

(公財)日本民謡協会 富山県連合委員会は富山の民謡好きな人を応援します。

 (公財)日本民謡協会は昭和25年に創立された民謡協会で、富山県連合委員会は協会の富山支部として発足しました。
富山県は、おわらやこきりこなど日本有数の民謡県であり、県内各地に「民謡の会」があります。それぞれ民謡教室を開催しており、初めて民謡をされる方にも容易にご参加いただけます。
 民謡は定年後に始められる方も多く、その大半が未経験の方です。民謡を奏でながら郷土を知ることには、格別な魅力があります。民謡に興味があり、初めて見たいと思われる方は、ぜひこの機会にお声掛けいただければ幸いです。

イベントのご案内一覧を見る

大会結果一覧を見る

活動レポート

千恵佳会50周年記念発表会

2024/05/11

「千恵佳会50周年記念発表会」を高岡市生涯学習センターホールにて開催いたしました。昭和48年結成の千恵佳会は昨年50周年を迎えましたが、コロナの影響等もあり1年遅れての50周年記念発表会の開催となりました。

 オープニングは会員総出演で地元高岡市の民謡「高岡音頭」を披露いたしました。本番まで何回も全員合同で稽古を重ねた結果、なんとか唄も三味線も間違いなく終えることができました。会場の皆さんの拍手、お手拍子や、司会のだらーず山下さんの開演前の軽快なトークが何よりの力になったと思います。

 その後は「民謡お国めぐり」や「ふるさと富山を唄う」と題した各コーナーで会員それぞれが自分の持てる力を発揮し、「北海盆唄」や「ソーラン節」、「福光めでた」、「越中おわら節」等を日ごろの練習の成果として披露いたしました。

友情出演としてご協力いただいた「豊笑会」の皆さんには踊りで花を添えていただきました。なかでも「といちんさ」ではお子さん方の愛くるしい踊りに会場の皆さんはもちろん、千恵佳会の会員もほっこりした気分になりました。
 
 先代会主や現会主の師匠であり、われわれ佐藤松子流の家元直門師範である歌手 佐藤松千恵先生には特別出演していただき、家元直伝の芸を勉強させていただきました。

 ご来場いただいた方々、誠にありがとうございました!4年後の55周年に向けて、みんな元気でともに研鑽していくことを会員同士が誓い合いました。

千恵佳会
義永 安子(佐藤 博安佳)